0
0
1
0
3
5
公益財団法人さいしん惣兵衛翁奨学財団
〒360-0044
埼玉県熊谷市弥生2丁目60番地
TEL.048-522-8180
FAX.048-522-4892
1.奨学金貸与
2.奨学生の指導

奨学生募集

平成30年度採用奨学生の募集期間

平成30年度採用奨学生の募集期間は平成29年12月1日~平成30年3月15日までです。
平成29年度採用奨学生は、応募人数39名中30名を採用しました。
採用後の
貸与の方法
正規の最短修学期間、毎月3万円を奨学生本人名義の口座に振り込む方法で貸与します。
卒業後の
返還は?
返還総額は貸与した金額のみで、無利子です。
 
貸与した金額とは、月々30,000円×貸与期間
例えば、貸与期間が4年間ならば・・・1年間12回×4年=48回なので
         ・・・30,000円×48回=1,440,000円となります。
 
卒業後6ヶ月間は準備期間として据え置き、
卒業年の10月より毎月1万円以上(1万円単位で)
口座振替にて返還していただきます。
月々の返還金額は任意で決めていただけます。
 
例えば、貸与期間4年間の人が、毎月1万円ずつ返還を希望すると144回=12年間で完済
となります。
応募資格
①埼玉県内に居住している方。なお、大学等へ進学後他県に居住(下宿等)する方も
 該当します。つまり、大学等合格時に県内に居住していれば可。
②大学、短大又は専門学校に入学又は在学する方。
 (自動車学校等、各種学校は該当しません)
③学業、人物ともに優秀かつ健康である方。成績が○。○以上という基準はありません。
④経済的理由により就学が困難な方。
 向学心は旺盛であるが、経済的理由により就学が困難である事が予想される方。
 家計所得者が、○○○万円以上は該当しないという基準はありません。
⑤学校長(高等学校長)の推薦がある方。
 (但し、大学等2年生以上に在学中の方は、在籍大学等の学長の推薦がある方)
採用予定
人数
30名程度
申込期間
12月1日~3月15日
申込書類
(1)現在高校3年生(もしくは高校卒業生)で、平成30年4月から進学予定の方の場合
①奨学生願書(財団様式)・・・本人及び連帯保証人が記入する
②推薦書 高校用(財団様式)・・・高校発行のもの
③調査書(学校様式)開封無効・・・高校発行のもの
④合格を証する書類…合格通知書等のコピー
※①、②は財団にご連絡下されば、ご自宅へ郵送いたします。
 
(2)現在すでに大学等に進学済み(現在1年生在学中)で、残りの修学期間について奨学金を希望する方の場合
①奨学生願書(財団様式)本人及び連帯保証人が記入する
②推薦書 大学等一年用(財団様式)・・・高校発行のもの
③調査書(学校様式)開封無効・・・高校発行のもの
④大学等に在学を証する書類(学校様式)・・・在学証明書(原本)
※①、②は財団にご連絡下されば、ご自宅へ郵送いたします。
 
(3)現在すでに大学等に進学済み(現在2年生以上に在学中)で、残りの修学期間について奨学金を希望する方の場合
①奨学生願書(財団様式)・・・本人及び連帯保証人が記入する
②推薦書 大学等二年以上用(財団様式)・・・大学等発行のもの
③成績証明書(学校様式)開封無効・・・大学等発行のもの
④大学等に在学を証する書類(学校様式)・・・在学証明書(原本)
※①、②は財団にご連絡下されば、ご自宅へ郵送いたします。
 
申込方法
上記①~④を揃えて、下記財団事務局へ郵送又はご持参下さい。
財団事務局
〒360-0044
埼玉県熊谷市弥生2丁目60番地(さいしん熊谷駅前ビル3F)
公益財団法人 さいしん惣兵衛翁奨学財団
電話 048-522-8180(平日 9:00~15:00)
奨学生選考
毎年、3月下旬に開催される「奨学生選考委員会」にて、採用・不採用が決定されます。
「奨学生選考委員会」は、県内高校の元校長である学識経験者によって構成されています。
選考結果
連絡
3月下旬~4月初旬に、推薦高校並びに申込本人宛の郵送によって通知します。
採用者には、採用通知と共に、奨学金受領手続書類一式も同時に送付します。

【参考】

当財団奨学生に採用された場合
①毎学年ごとに「生活状況及び成績の報告」が課せられます
②在学中に一度は「広報誌への投稿」が課されます。
③年に一度「交歓会(親睦会)」もあります。